開運!投資まとめ☆

幸せと資産を増やしたい!日常にちょっとした楽しみを見つけたい☆という思いから、お金に関するお話や気になるニュースなどをまとめています。お楽しみいただけたら幸いです♡

    1: 海江田三郎 ★ 2016/10/01(土) 20:49:27.50 ID:CAP_USER
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000084631.html

     日銀によるマイナス金利政策の影響が出るなか、銀行が生き残りをかけます。
    ゆうちょ銀行はATMの送金手数料を1日から一部、有料に変えました。

     ゆうちょ銀行はこれまでATMからの送金手数料を何回でも無料にしてきましたが、9年ぶりに一部、
    有料に変えます。月3回までは無料ですが、4回目以降は123円の手数料がかかります。
    マイナス金利政策で資金運用による収益確保が厳しくなったことが影響しています。
    さらに、銀行界では貸し出しによる金利収入が伸び悩むなか、手数料を巡る競争が激しくなっています。
    メガバンクを含む金融機関の一部では、保険を販売した際に保険会社から受け取る手数料を今月からチラシなどで新たに開示します。
    金融機関がより高い収入を得るため、客に合った保険よりも手数料の高い商品を勧めるケースがあるとして、金融庁は自主的な開示を求めていました。

    3: 名刺は切らしておりまして 2016/10/01(土) 20:50:52.90 ID:NdMsOLQj
    潰れるところもあるだろうが、貸出を怠ってきた銀行が悪い

    4: 名刺は切らしておりまして 2016/10/01(土) 20:51:15.45 ID:rR8ncE9t
    売国ゆうちょの国民イビリじゃないの? (´・ω・`)

    【【金融】ゆうちょが送金を一部有料化 !マイナス金利で収益確保厳しく…】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/10/01(土) 22:41:16.97 ID:CAP_USER
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161001/k10010713871000.html

    IMF=国際通貨基金は、今月1日から中国の通貨・人民元を、ドル、ユーロに次ぐ、
    第3の主要な通貨に位置づけて加盟している国どうしの資金のやり取りなどに活用していくことになり、
    ラガルド専務理事は記者会見で「国際通貨制度の進化にとって歴史的な転換だ」と述べました。


    IMFは、世界の加盟国が資金不足に陥る非常時などに備え、主要な通貨を組み合わせた特殊な資産「SDR」を作り、
    加盟している国どうしの資金のやり取りなどに活用しています。これまでは、ドル、ユーロ、ポンド、円の順に組み合わせて
    「SDR」を作ってきましたが、今月1日から新たに中国の通貨・人民元を加えることになりました。


    新たな組み合わせでは、ドルを41.73%、ユーロを30.93%、そして、第3の通貨として人民元を10.92%としました。
    次いで、円は8.33%、ポンドが8.09%となっていて、巨額の貿易量などを背景に、人民元が主要通貨として円を上回ることになりました。

    (以下略)

    3: 名刺は切らしておりまして 2016/10/01(土) 22:42:03.28 ID:/q3G6lCy
     ,;:⌒:;,
    8(・ω・)8 為替操作しまくりの通貨なのに大丈夫か

    6: 名刺は切らしておりまして 2016/10/01(土) 22:44:35.50 ID:Vm3UOh9t
    「人民元」をさんざんこき下ろしてた人たちの書き込みと
    あの余裕の読みは何だったのか? このザマ

    【【国際】IMF、人民元を第3の主要通貨に位置付け 「歴史的な転換」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/09/19(月) 09:29:17.73 ID:CAP_USER
    http://withnews.jp/article/f0160919003qq000000000000000G00110701qq000014036Ano title

     東京都の小池百合子知事が公約に掲げた「満員電車ゼロ」。その方策の一つが、2階建て電車の導入です。今ある2階建て電車とは違い、
    車両もホームも2階建てにするというユニークなアイデアですが、実現できるのでしょうか。小池知事の原案を作った
    交通コンサルタント「ライトレール」の阿部等社長(55)に聞きました


    ――特に2階建て車両が注目されていますが、JR東の冨田哲郎社長は「遅延を招く」と否定的です。例えば、現行のJR東の215系は全車両が2階建てですが、
    乗り降りに時間がかかって遅延を招くとして、「湘南ライナー」などの限定的な使われ方になっています。

     冨田社長は、東海道線などのグリーン車の2階建て車両を想定されていると思います。中央だけが2階建てで、1階建ての両端部との間に階段があり、
    ドアが二つしかないため、乗り降りに時間がかかります。
     小池知事と私の考える総2階建て車両は全く別物で、1階と2階を独立した構造とし、ホームも2階建てにします。床面積を倍増でき、扉も多くでき、乗降時間は延びません。

    ――駅の大改修が必要で、巨額の工事費がかかりませんか。
     線路を新たに造るより車両を2層化する方が、はるかに低コストです。山手線を高架でもう1線造るコストを試算してみましょう。
     幅10メートルで1周約35キロ、駅は幅が広がり、車庫用地を加え、約40万平方メートルの土地が必要です。都心の超一等地の地代と移転補償費で
    1平方メートルあたり1千万円以上でしょう。4兆円超となり、工事費と併せて5兆円オーダーです。
     一方、大深度地下を掘ると、1キロあたり500億円程度として2兆円です。
     総2階建て車両なら、それらの数分の一のコストでしょう。

    ――ホームを2階建てにすると、1階ホームはかなり天井が低くなりそうですね。
     確かに1階は圧迫感がありますが、今の2階建て車両だって天井は低い。
     電車は今以上に次々と来るようにし、ホームは短時間待つのと、降りたらすぐに移動するだけの場所と割り切り、その分電車の中がゆったりします。

    ――車両が高くなり、トンネルなどの改修が必要になりませんか。また、トンネルの小さい地下鉄では、実現は難しいのでは。
     トンネルや、立体交差する道路や鉄道と駅の跨線橋を改修するようでは、現実感がありません。
    そのために、パンタグラフと架線をなくして上空にスペースを生み、車両を高くできるようにします。
     1階の床面も今の車両より30~40センチ下げます。パンタグラフと架線をなくせる都営大江戸線のような鉄輪式リニアモーターとするのが一方策です。

     地下鉄は架線が低く、生まれる上空スペースが小さいので、車両2階の天井を低くして着席専用にします。
    ただし、東京メトロの丸ノ内線と銀座線は第三軌条集電方式で架線がなく、トンネルが低いので総2階建て車両は入れません。
    都営大江戸線や横浜市営地下鉄グリーンラインも、トンネル断面が小さいので入れません。



    乗り入れなしは仕方ない
    ――他の路線に乗り入れられないデメリットはどう考えますか。
     それは仕方ありません。今でも山手線はほかの路線に乗り入れていません。多くの人は、直通運転より満員電車ゼロを望んでいるはずです。

    2: 名刺は切らしておりまして 2016/09/19(月) 09:33:55.74 ID:EFpDAZCl
    安全確認が上下に別れると引き摺られ事故も増えそうw

    3: 名刺は切らしておりまして 2016/09/19(月) 09:34:18.64 ID:0B32ly0s
    時差出勤して補助金出したら?

    【【鉄道】2階建て化で満員電車ゼロ、小池ブレーンを直撃「多くの人は直通運転より満員ゼロを望んでいる」「客単価を40円上げ財源にする」】の続きを読む

    1: ナス八 ★ 2016/09/27(火) 20:44:39.74 ID:CAP_USER9
    南東に3500メートル新滑走路=運用3時間延長も-地元と協議へ・国、成田空港
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092700526&g=eco

     国と成田国際空港会社、千葉県、地元自治体で構成する「四者協議会」(会長・森田健作千葉県知事)が27日午後、千葉市内で開かれ、
    国と空港会社から、空港の南東側に長さ3500メートルの新滑走路(第3滑走路)を建設するなど成田の機能強化案が示された。
    また、騒音緩和のため設定されている航空機の夜間離着陸制限時間を、現在の午後11時~翌午前6時から午前1時~同5時に3時間短縮する、運用時間延長案も提示された。

     機能強化案を基に今後、国、空港会社は県、地元自治体と本格的な協議に入り、合意後、具体化に向けた手続きに着手する。

     新滑走路整備が予定通り進めば、発着容量は年間約30万回から同約50万回となり、欧州やアジアの主要空港と肩を並べる。
    空港会社は、容量を確保することで、アジア路線を中心に今後も増加が予想される航空需要を取り込み、空港間競争で生き残りを図る。


     空港拡張の柱は(1)第3滑走路の建設(2)現存のB滑走路(2500メートル)を北側に延伸し、大型機の離着陸にも無理がない
    3500メートルとする-の2点。芝山町を中心とした地域に建設する第3滑走路と、成田市北部側に延伸するB滑走路は一体で運用し、合わせて年約34万回程度の発着容量を確保する。

     運用時間の延長は深夜、早朝便を運航する格安航空会社(LCC)や、当日中に目的地に到着できるかどうかが重要な貨物便運航会社の
    要請に基づき提案。24時間運用をしているアジアの主要空港や、国際線の発着枠拡大が進む羽田空港などのライバルと競争できる基盤づくりを目指す。(2016/09/27-19:03)

    2: 名無しさん@1周年 2016/09/27(火) 20:45:50.51 ID:iAO8o/dA0
    3500mも滑走路作らないとダメなんか 阿保だろ
    100mで飛び立つ飛行機を作れよ
    努力が足りん

    4: 名無しさん@1周年 2016/09/27(火) 20:48:36.83 ID:fmUnoGGH0
    ジャンボ貨物機のヨーロッパ便は燃料と
    貨物満載で3500Mの滑走路が必要。

    【【経済】成田空港、南東に3500メートル新滑走路=運用3時間延長も-地元と協議へ】の続きを読む

    1: シャチ ★  2016/10/01(土) 14:51:14.98 ID:CAP_USER9
    産経新聞 10月1日(土)11時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000514-san-soci
     「部活がつらい」-。このセリフが生徒ではなく、教員側からも聞こえてくるようになった。
    過度な部活動指導に起因する教員の長時間労働が問題となり、「ブラック部活」という言葉も生まれている。
    一部の教員は顧問を引き受けるかどうかの選択権を求める署名活動を開始。文部科学省も負担軽減策を打ち出した。
    政府は「働き方改革」に取り組んでいるが、今まで見過ごされてきた教員と部活動のあり方も問われはじめている。(木下慧人)

     神奈川県内の20代の女性教諭は、外が薄暗い午前5時ごろに起床する。6時半には登校し、
    顧問を務める吹奏楽部の朝練に参加。授業後の放課後も吹奏楽部の指導に当たり、
    生徒が下校してから採点などの業務を行う。担任するクラスの生徒が休んだり問題を起こしたりすれば、
    家庭へ電話することも必要だ。帰宅が午後11時ごろになることも多い。


     休日にも練習や大会が入るため、1日も休めない月がある。練習を減らそうにも、
    休むと生徒の実力が落ちる上、保護者からクレームも寄せられる。
    「拘束時間が長く、本業の授業や学級運営まで手が回らない」と悲鳴を上げる。(以下ソースで)

    2: 名無しさん@1周年 2016/10/01(土) 14:55:16.40 ID:hGI/S++L0
    教員の給料半額にして人数倍に増やせば解決

    3: 名無しさん@1周年 2016/10/01(土) 14:56:04.83 ID:oTowV0jS0
    教員側がやりたくてやってんじゃないの?
    部員は愚痴ばっかだったぞ

    【【教育】「部活がつらい」…顧問教員の過酷な実状 朝早く夜遅く、休日もなく、「ブラック部活」という言葉も(涙) 】の続きを読む

    このページのトップヘ