開運!投資まとめ☆

幸せと資産を増やしたい!日常にちょっとした楽しみを見つけたい☆という思いから、お金に関するお話や気になるニュースなどをまとめています。お楽しみいただけたら幸いです♡

    2018年06月

     ビットコインは6月22日に6000ドルを下回った。ただ、米CNBCに出演した米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は、1年前の水準が2500ドル前後だったことを考えれば、今の弱気相場はビットコインの終わりを意味するものではないと語った。 
     ケリー氏は、日本の金融庁が6月22日に仮想通貨取引所6社に対して業務改善命令を出しことも相場に影響したと考える。業務改善命令を受けた1社であるbitFlyerは、自主的に新規アカウントの受け入れを一時停止した。この対応を受け、「短期的には少し厳しい状況が続くかもしれない」とした。

     だが、長期的な目線でみれば、システムを見直し、より堅牢で投資家にとって良い物であることを確認しているので、悪いことばかりでもないという。

    マウントゴックスによる発表
    http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1806/25/an_kelly_03.jpgno title
     また、同日22日の夕方には、2014年にハッキング被害に遭ったMt.Gox(マウントゴックス)が、民事再生手続きが開始されたと発表した。ケリー氏は、投資家への返済は19年の第1四半期中に行われるとみる。
     
    2018年06月25日 16時41分
    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/25/news099.html

    2: 投資のお楽しみまとめ 2018/06/25(月) 18:32:38.89 ID:HlPk13x00
    なんで下がってるの?(白目)

    引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529919120/

    【【仮想通貨】ビットコイン、ついに6000ドルを下回る マウントゴックスは民事再生手続き開始 ( ゚Д゚;) 】の続きを読む

    昨年、電子データ上で取引される「仮想通貨」は爆発的に上昇し、1億円以上の儲けを叩き出す「億り人」を次々と誕生させ、“仮想通貨バブル”の熱狂は経済ニュースを賑わせた。“濡れ手で粟”の大儲けをした人々は、さぞや恵比寿顔だろうと思いきや、税金のことで頭を抱えているという……。 

     そもそも仮想通貨で年間20万円超の利益を確定させると、確定申告・納税の義務が生じる。その利益は「雑所得」となるが、株式投資などとは課税の仕組みが異なる。株の売却益は「申告分離課税」に区分され、税率が一律20%であるのに対し、仮想通貨は給与などと同じ「総合課税」が適用され、稼いだ分だけ税率が高くなる累進課税となる。4000万円以上利益が出た場合は、最大税率の55%(所得税45%、住民税10%)が課税される。

     税金の支払い義務は、たとえ自己破産したとしても免責されない。仮想の世界で荒稼ぎした投資家たちは、重い現実を突き付けられている。

    6: 投資のお楽しみまとめ 2018/06/22(金) 21:40:20.70 ID:tvY4Lu6q
    いいね


    他人事だから、徹底的に取りきってほしいw

    引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529670801/

    【【仮想通貨】仮想通貨長者 海外移住で“税逃れ”目論むも通用せず?!(゚Д゚;) 】の続きを読む

    このページのトップヘ