開運!投資まとめ☆

幸せと資産を増やしたい!日常にちょっとした楽しみを見つけたい☆という思いから、お金に関するお話や気になるニュースなどをまとめています。お楽しみいただけたら幸いです♡

    国際

    トルコ経済の減速感が強まっている。対米関係の悪化や経常赤字の拡大を警戒して通貨安が進行。公共支出増による財政規律の緩みは債券売りを招いている。トルコ経済の成長には海外からの資金が欠かせず、先行きは不透明さを増している。 
     「多くの企業で手元に現金がない。商業、製造業の別なく経営者は極力支出を抑えている」。最大都市イスタンブールを拠点に海産物の輸入を手掛けるバシャラン・アランチ氏は通貨リラの急落に伴う景況悪化を嘆く。
     ユーロやドル建てで仕入れた商品をリラで売るが、リラ安に伴う損失を価格に転嫁できず利益は減る。顧客からの入金も遅れるなど債権の焦げ付きリスクも増している。

    引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1511800065/

    【【国際】トルコ経済、減速感強まる リラ安・債券安( ノД`) 】の続きを読む

    多様化が進む中国富裕層 
    親の代と子の代ではまったくと言っていいほどに異なる実態があるのだ。
    そして、現役の経営者も多いので、日本に来ると、観光だけではなく、商機を見つけ、自分のビジネスの発展につなげている人が多い。したがって、彼らの心をがっちりとつかむには、単に裕福な観光客としてだけでなく、将来のビジネスパートナーという位置づけでおもてなしを考えたほうがいいのではないか。

    7: 投資のお楽しみまとめ 2017/08/31(木) 17:53:56.80 ID:Z70duxnJ
    中国人はマナーが悪い
    だがマナーが良い人もいる
    2行でまとめてみた

    8: 投資のお楽しみまとめ 2017/08/31(木) 18:08:19.85 ID:VRcTKnFJ
    >>7
    違うだろ。成金第一世代は下品でマナーが悪いけど2世はそれなりに
    教養があって礼儀正しいという話

    引用元: ・http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1504168292/

    【【経済】中国富裕層が日本を「物足りない」と思うワケ (゚д゚)!】の続きを読む

    このままでは、グーグルにデータを持っていかれる─。焦ったドイツは日本をパートナーに指名した。世耕は考えた。そして、一つのコンセプトが生まれた。
    2016年5月、安倍晋三首相がメルケル首相と会談をしたときのことです。メルケル首相はこう切り出してきました。
    「ドイツのパートナー国として、CeBIT2017(国際情報通信技術見本市)に参加してもらえませんか?」



    8: 投資のお楽しみまとめ 2017/07/25(火) 20:25:08.65 ID:LoJZ54GF0
    日英同盟よりも日独同盟の方がいいの?

    10: 投資のお楽しみまとめ 2017/07/25(火) 20:25:41.56 ID:enipXa0S0
    絶対負ける。
    ドイツと組んではいけない。

    引用元: ・http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500981838/

    【【日独】世耕経産相「日・独が組めば、グーグルだって超えられる」「日本の勝ち筋が見えてきた」←( ゚Д゚)ハァ?】の続きを読む

    1: 開運!投資まとめ☆ 2017/04/18(火) 12:07:19.10 ID:CAP_USER
    米アマゾン・ドット・コムの創業者兼最高経営責任者(CEO)であるジェフ・ベゾス氏が世界富豪ランキングで2位に浮上した。著名投資家のウォーレン・バフェット氏を抜き、米マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツ氏から首位の座を奪い取る可能性も出てきた。電子商取引(EC)による成長でアマゾン株が1年前に比べて4割超上昇したことが寄与している。富豪としてのベゾス氏の台頭は世界の産業構造の変化を映し出している。

    3: 開運!投資まとめ☆ 2017/04/18(火) 12:20:11.18 ID:ITfHub+9
    日本人もせっせと貢いで自分の首絞めてるしね

    【【大富豪】アマゾンのベゾス氏、世界富豪2位に バフェット氏抜く (゚д゚)!】の続きを読む

    1: 開運!投資まとめ☆ 2017/03/22(水) 09:20:37.59 ID:CAP_USER
     21日の米国株式市場は、銀行株を中心に急落。医療保険制度改革(オバマケア)の見直しに時間がかかっていることから、市場が期待する規制緩和や減税をトランプ大統領が公約通り実現できないのではないかとの懸念が広がっている。
    ●米政権の政策実行に対する不安の表れ
    ●税制改革や規制緩和の後退織り込む
    ●材料出尽くし、議会が要因に   など
    2: 開運!投資まとめ☆ 2017/03/22(水) 09:21:44.16 ID:4n3OwjjF
    >>1
    日本オワタ

    【【株式】ダウが大幅安!トランプ相場後最大の下げ幅 日経直撃の悲劇に( ノД`)】の続きを読む

    このページのトップヘ