開運!投資まとめ☆

幸せと資産を増やしたい!日常にちょっとした楽しみを見つけたい☆という思いから、お金に関するお話や気になるニュースなどをまとめています。お楽しみいただけたら幸いです♡

    為替・FX

    15日午前の東京外国為替市場で円相場は下げ幅を広げている。10時時点で1ドル=110円19~22銭と前日17時時点に比べ45銭の円安・ドル高水準で推移している。 
    米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が北朝鮮の国営メディアの話として「米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせると決めた」と報じた。北朝鮮情勢への警戒感が一段と後退し、投資家心理が改善したことで、日経平均株価の上昇に歩調を合わせる形で円を売る動きが出た。時間外取引での米長期金利の上昇も日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いを促したようだ。

    引用元: ・http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502760451/

    【【為替】円、下げ幅広げ110円台前半 北朝鮮への警戒和らぐ 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙報道で(゜゜)】の続きを読む

     11日のシドニー外国為替市場は円がドルに対して上昇して一時、約2カ月ぶりの円高ドル安水準となる1ドル=108円91銭をつけた。 
     北朝鮮を巡る国際情勢の緊迫化を受けて投資家がリスクを回避する姿勢を強め、比較的安全な通貨とされる円を買い、ドルを売る動きが優勢となった。

    3: 投資のお楽しみまとめ 2017/08/11(金) 13:30:51.78 ID:MG5nHNmS0
    下げる理由を探してただけで何でも良かったんだね

    4: 投資のお楽しみまとめ 2017/08/11(金) 13:31:02.79 ID:+c8d+c3U0
    安全神話

    引用元: ・http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502425774/

    【【為替】円、一時108円台 シドニー市場(´;ω;`)】の続きを読む

    398: 開運!投資まとめ☆ 2017/05/26(金) 17:02:54.19 ID:oZocALtC0
    あかん…キャンペーンほしさにはじめた証券のFXがもう含み損5万超えた(´・ω・`)
    ちなみにキャンペーンでもらえるのは5千円だ(´・ω・`)

    399: 開運!投資まとめ☆ 2017/05/26(金) 17:03:35.41 ID:oZocALtC0
    そしてそのキャンペーンはハピタスで申し込んだんだけど、先日無効通知がきたでござる(´・ω・`)

    【【FX】キャンペーンでFX口座開いたら…((;゚Д゚))】の続きを読む

    1: 開運!投資まとめ☆ 2017/03/18(土) 10:04:40.67 ID:CAP_USER
     仕事をしながら「1日4時間」で「億トレーダー」に
    彼がFX取引を始めたのは2009年ごろだ。2012年からは収支が右肩上がりとなり、特にここ4年は、毎年のように「億を超える利益」をあげていて、几帳面な彼が目の前に並べてくれた数年分の確定申告の資料には、筆者のそれとケタが違う数字が並んでいた。
    移動時間などを含めて、1日の半分にあたる約12時間を食品会社の仕事に費やしているのに対し、
    トレードは終業後の20時から24時までのたった4時間。仕事の約3分の1の時間で、給料を大幅に上回る利益を稼いでいる計算になる。
    稼ぐには「メンタルが8割、トレード技術は2割?」
    ただし、「勝者はたった1割ほど」ともいわれているFXで、利益をあげ続けるのはそう簡単なことではない。億を稼いでいるよいよい氏ですら、
    勝率は4割程度で、「ちょっと勝って、ちょっと負けてを繰り返し、どこかでどかっと勝つ」ことで、利益を出しているのだ。

    (元ソースはこちら)

    2: 開運!投資まとめ☆ 2017/03/18(土) 10:05:45.92 ID:4EHZu17U
    副業じゃなくて、博打だろ。

    【【FX】1日4時間で億トレーダーになったリーマン(゚д゚)!】の続きを読む

    463: 開運!投資まとめ☆ 2017/03/04(土) 14:48:22.27 ID:KOTDhl4o
    おまえら恥ずかしがらずに先月の損益言ってごらん。
    さぁ、恥ずかしがらずに。

    464: 開運!投資まとめ☆ 2017/03/04(土) 14:50:14.99 ID:4OzyDmRD
    >>463
    80万くらい

    【【FX】専業トレーダーのワイ、収益晒すで(/・ω・)/~】の続きを読む

    このページのトップヘ